デキル男のトーク術は出だしの切り出し方がリアクション、言い回しがポイントになります。

商談率をあげる為のトーク術。デキル男はこうした仕事を取ってくる。

MENU

デキル男のトーク術

 

営業トークのバナー

 

デキル男の最大の特徴とも言えるのが、トークが上手という事です。

 

トークで相手の心をいかに掴めるかが、最終的な成約率や商談時間などにつながってきます。

 

できる男のトーク術を紹介します。

 

ニーズを掴め」「第一印象の重要性」のそれぞれのページでも、トーク術に役立つ情報がたくさんありますので、ご確認いただければと思います。

 

 

 

営業トークは出だしが重要

 

第一印象と共通している部分が多いですが、営業トークは商品説明や売り込み方よりも、出だしの会話の方が重要です。

 

最初の会話で相手の心を掴んで、距離を近づけたり、ストレスを与える事なく本題に入る事が大切です。場面に応じて、仕事とは関係ない世間話をしたり、前回の仕事のお礼を言ったり、過去の仕事を掘り下げた話をすると良いでしょう。

 

出だしのトークでどういった方向性にもっていくのかは、「ニーズを掴め」のページでも紹介している通り、相手のタイプや要望などを見極める事が必要です。

 

 

 

リアクションを極める

 

営業トークでは、自分からの話だけではなく、相手の話を聞くという事も大事です。

 

人は何かを話す時は何かしらのリアクションを求めます。

 

リアクションと聞くとお笑い芸人のような大げさなアクションだけを想像する人もいますが、営業においてのリアクションは、「相槌を打つ。」「相手を引き立てる。」などといった、相手側から見て話やすい環境を作ってあげる事が必要です。

 

リアクションさえ上手にとっていれば、相手に気に入られる事も可能になりますし、不必要な話を適度に遮って本題を話しても相手には不信感を与えません。

 

 

 

言葉の選択

 

営業トークは言葉の選択で大きく展開を変わってきます。

 

例えば、冒頭の挨拶で「紹介したい商品があります。」と言うと、相手側は面倒くさいと思ってしまいます。

 

それに対して「御社にピッタリのコスト削減できる提案があります。」などと切り出すと、「少しは話を聞いてみようかな?」と思ってもらえます。

 

同じような意味でも、状況に応じて、より柔らかい言い回しの方法を持っておく事が必要です。

 

さらに、一つ覚えで同じ言葉だけを使うのではなく、同じ言葉でもいくつもの言い回し方法の引き出しを用意しておいて、相手や場面によって、言い方を変えていく事が大切です。