仕事は客のニーズを掴むのが大切です。そこには、仕事のサービス内容以外の事も含まれています。

商品やサービスのニーズよりも重要!?本当に大切な仕事のニーズとは?

MENU

ニーズを掴め

 

拳をつくる男性のバナー

 

仕事をする上では、相手のニーズを掴む事が大切です。
これは営業をする上では基本的な事です。

 

 

一般的な顧客のニーズとは

  • 予算内に収まる金額
  • 困った事を解決できる最低限の機能
  • 長い目で見た時に利用し続けられる将来性
  • 付加価値を付ける事へ対しての価値観
  • デザイン性
  • 実用性

などがあります。

 

 

こうした顧客のニーズを考えるという事は、営業の仕事をしている人であれば、ほとんどの人が最重要課題として考えています。

 

もう少しニーズのサービスに直結する話を突き詰めていくと、「マズローの法則」などといった学説が有名ですが、ここでは、そこまで重要な話ではないので省略します。

 

デキル男というのは、こうした基本的なニーズを掴むだけではなく、もっと、人を相手にしたやり取りのニーズなども考えているのです。

 

 

 

人に対してのニーズを考える

 

人の話では、どうしても抽象的な部分も出てきてしまいますが、簡単にまとめると、人は他人と接する時にはいくつかのタイプに分かれます

 

  • 誰とでも仲良くなって打ち解けたい人
  • 世間話をたくさんしたい人
  • 余計な話を嫌うドライな人
  • 自分大好きで、自慢話を聞いて欲しかったり、周りから褒めてもらいたいと思っている人
  • 口ベタで無口だけど、本当は世間話などをしたい人

 

これらはあくまでも一例ですが、営業は人との接し方が重要で、それぞれ相手の特徴や、相手側が求めている接し方のニーズも把握して、接し方を変える必要があります

 

例えば、話好きな人であれば「何か話題を提供して世間話に付き合う。」、ドライな人は「余計な話はせずにビジネスの話を要点を重視しながらスマートにまとめて話していく。」などといった事です。

 

デキル男になれば、状況に応じて冗談を言ったり、客をからかう事なども活用して、客と信頼関係を築いていきます。

 

 

 

デキル男は仕事の効率化を最優先する

 

人間付き合いのニーズを見極めるというのは、そんなに難しい事ではありません。

 

長年営業の仕事で客と接していれば、誰でも簡単に相手が何を求めているのかが分かってきます。
センスが良い人であれば、キャラを何個も作って接する事ができます。

 

しかし、できない男は、このようなニーズを掴んでお客と仲良くなれた事で、仕事に悪影響を与える人も多いです。

 

例えば、話好きな客を相手にした時に、「自分まで楽しくなって、無駄に時間を費やして世間話をしてしまう。」など、デキル男との違いはこうした所に出る事が多く、お客の仕事のニーズと接し方のニーズを掴んだ上で、更に自分は余計な時間を費やしたくないという条件を加えて、最善の対応策を考えています

 

その結果、デキル男は短い時間でもしっかり成果をあげる事ができるのです。