デキル男はセンスが高く、天才肌の人が多く、簡単に全ての仕事ぶりを真似する事はできません。

誰でも簡単にデキル男になれる訳ではない。センスの重要性とは

MENU

センスの重要性

 

握手のバナー

 

仕事のスキルは、努力で賄える部分と、センスがないとできない部分があります。

 

デキル男と呼ばれる人の大半は、他の従業員を上回るセンスを持っています。

 

デキル男の仕事ぶりを真似する事は大切ですが、いくら努力をしても、デキル男の水準には到達できないケースもあります。

 

安易に「デキル男が実際にやっている事だから、自分でもできるだろう。」と考えて行動に移してしまうと、失敗する事も多いので注意が必要です。

 

 

 

デキル男は何をやっても、平均以上にできてしまう天才肌

 

多彩なセンスを持つ天才肌のデキル男の場合は、営業でも事務処理から社内付き合いまで、何をやっても平均以上にできてしまいます。

 

デキル男の多くは、入社した時点から一目置かれる存在で、大きな努力をせずに現在のポジションを築いているケースも多くあります。

 

こうしたセンスばかりは、努力だけではどうしても補えない部分も出てきます。

 

人差し指を立てる男性

 

 

ただし、最初から自分はセンスが無いから諦めてしまうのではなく、自分のセンスの中で最大限努力をしようという高いモチベーションを持つ事が必要です。


 

 

 

デキル男の仕事は柔軟性が必要

 

「残業をせずに、成果をあげる。」「少ない商談を確実に物にしたり、1件の商談時間を短くして件数をこなす。」などといったデキル男の仕事ぶりは、セオリーを無視している内容も多くあります。

 

例えば、本来は成績が優秀だと、他の従業員よりも残業は多くなりますし、商談の時間を短くすると、必要以上に成約率が下がってしまいます。

 

こういったリスクを補うには、状況に応じて、柔軟に対応する事が必要になります。

 

デキル男は頭の回転が早いので、必要に応じてすぐに適切な行動を取る事ができますが、こうした能力が無い人は、デキル男の仕事を軽い気持ちで真似をすると、大きなミスやクレームに繋がる事もあるので注意しましょう。

 

 

 

謙虚な気持ちで自分の能力を認める事が大事

 

デキル男は、必ず自分自信の力量を把握しています。

 

社内での協調性はなく、一匹狼で確実に自分の仕事をこなしていける人は、学生時代の経験から、リーダーシップの素質が無い事を把握しています。

 

交渉力やプレゼン力が無いとわかっている人は、資料作りや他社製品の勉強などで補っています。

 

このように、人の真似をする前に、自分の苦手な部分を謙虚に認めて、そこを補う為には、「どうやって仕事をするのか?」を考える事が必要です。

 

 

人差し指を立てる男性

 

デキル男でも全てが完璧な人は存在しません。

 

必ず苦手な部分も持っていますが、自分の短所の補い方を知っているので、何をやっても、抜群のセンスを発揮する事ができています。