仕事の優先順位が分からず、重要な仕事を後回しにして、会社の売り上げを下げることがあります。

仕事ができない人には共通の特徴がある?

MENU

仕事ができない人の特徴

 

仕事ができない人の特徴としては多くの場合4つのことが挙げられると思います。

 

仕事の優先順位がわからない

 

仕事ができないとまわりから判断される人というのは、大きなミスを犯して目立ってしまうことにあります。

 

仕事の優先順位が分からず、本来なら優先順位の低いはずの案件を先に取り組んで、緊急性の高い重要度の高い仕事を後回しにして会社の売り上げを下げたり、信用度を下げたりします。

 

大きなミスをすれば同じ1回のミスでもダメージが大きいので仕事ができないヤツのレッテルを貼られてしまいます。

 

 

仕事を人に頼めない

 

仕事ができない人というのは、人脈が少なく、人に仕事を頼めない特徴があります。

 

逆に人脈が広く、友達や知人にさまざまなジャンルの専門家が多い人は、どんな仕事が来てもそういった人に相談して難関をクリアしていくことができます。

 

仕事ができない人というのは、人に仕事を頼めずに孤立して実績を上げることができずに周囲の評価を落としていく傾向があります。

 

 

自信がない

 

仕事ができない人に根本的に共通している特徴として、自信がないというものがあります。

 

仕事ができない人は、やってもいないのに、自分に能力はないと決めつけて行動にうつさなかったり、取引や交渉の場でも自信がないため、自分や自社の製品を売り込むことができずに仕事に結び付けられないという特徴があります。

 

 

レスポンスが遅い

 

仕事ができない人というのは、メールの返信などが遅かったり、スケジュールの調整だったりといったレスポンスが非常に遅いということが挙げられます。

 

「この間頼んだ件の納期はいつになったらわかるのか?」と相手がしびれを切らせてダメ押しの電話をしてくるようになったら、相手をイライラさせている証拠です。仕事の早い人は、メールも返信や納期の連絡など相手が待ち望んでいる答えを素早く出します。