デキル男はタスク管理を徹底しています。デキナイ人はタスクを意識しないで仕事をこなしているケースも多いです。

デキル人とデキナイ人の違いは、タスク管理を行うか、予定管理を行うかの違い

MENU

タスク管理の効率化

 

デキル男はタスク管理を徹底的に効率化している事で、短い時間の中で成果をあげる事ができています。

 

タスク管理とは

仕事ができない人はタスク管理自体をあまり意識していない人も多いです。

 

タスクとは、仕事や作業の事で、プロセスの同義語とされています。

 

スケジュールとの一番の違いは、商談や職場の会議など、どうしてもやらなければいけない仕事だけではなくて、こうした予定を組んだ仕事を行う為の過程で、自分自信で課す仕事も含めてタスクと言います。

 

スケジュールの組み方も含めて、最も重要なのはアポイントの取り方になりますが、「デキル男はアポ取りが上手い」のページでも詳しく紹介しています。

 

デキル男は一つの仕事(アクション)をする為の過程も効率的に行っています。

 

 

 

 

タスク管理ツールは手帳とアプリどっち?

 

タスク管理は従来から、手帳を使用する事が一般的でしたが、近年ではスマホアプリやパソコンのクラウドツール・Microsoft OfficeのOutlookなどを利用する人も増えてきました。

 

効率的なタスク管理を使うには、この新旧の2つのツールを使いこなす事が必要です。

 

手帳も活用する

手帳のバナー

スマホアプリやパソコンなどのITツールがあれば、手帳もいらないと思う人が多いです。

 

しかし、デキル男は手帳も活用している事が多いです。

 

手帳にはITツールにはないメリットもあります。

 

  • 客先でも手帳を見ながらスケジュール調整ができる、その場で予定・メモの記入もできる
  • 一度手書きする事で忘れない

 

ITツールだけでも、タスク管理は可能ですが、客先では、場面によってパソコンやスマホを見ながら話ができないケースも多いです。リアルタイムでスケジュール確認しながら予定を組んでいく事で効率的にタスク管理をする事ができます。

 

「ITツールも見やすい、アラーム機能が付く。」などのメリットがありますので、状況に応じて使い分けるか、従来の手帳一本で管理する事がオススメです。

 

 

 

 

常にプロセスとなる仕事も意識する

 

予定を組むだけなら簡単ですが、毎日時間一杯に予定が入ってしまうと、その他の仕事を残業してこなすしかなくなります

 

空いている時間で片っ端から、客先での予定を埋めていくのではなく、それぞれの仕事の準備に費やす時間も意識しておくようにしましょう

 

人差し指を立てる男性

 

 

デキル男は優先順位を決めて、必要に応じては、優先度が低い客先での予定を暇なタイミングに入れたり、売上が少ない仕事を無理して受けなかったり、他のスタッフに回して、優先順位の高い仕事を効率的にこなしています


 

いきなり仕事の量を減らそうとすると、数字自体が伴わなくなってしまうリスクもあるので、最初は残業も活用しながら、少しずつ効率的にタスク管理のスキルを磨いていくと良いでしょう