仕事ができる人は、今このときに何をすればいいか、どの仕事から手をつければいいかを判断します。

仕事の優先順位の判断力が長けている

MENU

優先順位の判断力

 

仕事ができる人というのは、仕事の優先順位がどれが先かというのをよく理解している人です。

 

特に仕事ができる人というのは、一度に多くの仕事を抱えていることが多いです。

 

忙しい人には多くの仕事が集まりますが、仕事ができる人というのは、その中でどれを最優先してこなしていくかというを瞬時に判断します。

 

逆に仕事ができない人というのは、仮に仕事を一度に多く受注していても、どこから手をつけていいかわからなかったり、一度にたくさんの仕事を抱えているため頭が混乱したり、整理できなかったりします。

 

だから受注額が少ない案件に無駄に時間を割いてしまったり、優先すべき仕事を後回しにしてしまったりといった状況が起こります。

 

仕事できる人というのは、今このときに何をすればいいのか、どの仕事から手をつければいいのかを判断できます

 

それは取引額の大きさであったり、得意先の顧客であったり、納品期日であったりとさまざまな条件を総合的に判断して解決していきます

 

そして関連業者の営業時間や自分自身のスケジュールなどを照らし合わせて、今何を行い、3時間後に何をしているべきかをよく理解しています。

 

仕事のコツを紹介する男性

少しコツを紹介すれば、

  • 仕事の大きさ(受注額や売り上げ)
  • 仕事の重要性(会社の成長や自己の成長)
  • 仕事の緊急性(納品や施工の期日)

といった3点を組み合わせて、総合的に判断するという方法です。

 

この3点を基軸にそれぞれの案件を天秤にかけて、数値が大きいものを優先していきます。

 

例えば受注額が大きく、会社の将来に関わるような重要な仕事で、さらに急ぎの仕事であれば、これを後回しになるようなバカなマネはできないはずです。

 

このように単純明快な案件ばかりであればいいですが、冷静に考えなければ答えがでないポイントというのもたくさんあります。

 

仕事できる人はそれを瞬時に判断する経験値が高いといえるでしょう。